So-net無料ブログ作成
検索選択

「市議7人に返還請求を」=視察後温泉必要ない―水戸地裁(時事通信)

 茨城県桜川市議ら12人が研修視察後、温泉に宿泊したのは違法として、宿泊代金など約27万円の返還請求をするよう、住民が中田裕市長に求めた訴訟の判決が28日、水戸地裁であった。
 都築民枝裁判長は「日帰りも可能で、宿泊と翌日の行程に公務の必要性は認められない」として、12人のうち市議(当時)7人に計約12万円を請求するよう市長に命じた。市職員5人については「議会の決定を受けての随行にすぎない」として、訴えを退けた。
 判決によると、市議7人と市職員5人は2006年4月、埼玉県小川町で研修視察の後、桜川市とは反対方向の群馬県安中市の磯部温泉のホテルに宿泊。コンパニオンを呼んでみだらなショーを見学した。 

【関連ニュース
証拠文書の映像欠落=誤ってデータ消去か
弁護士に退会命令=依頼放置、借金も未返済
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に
沖縄密約訴訟、国が控訴=文書開示命じた判決で
二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求

刺し傷、心臓まで=殺人事件と断定―新潟県警(時事通信)
父の口からあふれる血を吸い…被害者長男が必死の救護(産経新聞)
タクシーのトランクに運転手の遺体、殺人か/神奈川・平塚(カナロコ)
今年度事業計画などを了承−全自病(医療介護CBニュース)
マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)


2010-05-29 02:38  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。